「選択肢が豊富だけど、どれを選ぶか考えなくていい」という仕組みは秀逸だなぁと改めて思ったりするのです

公開日: 曲にする程じゃないこと

豊かさというのは、いろんな基準で計ることができると思います。

お金がたくさんある、おいしいものを食べられる、ひんぱんに海外旅行ができる。

こうしたものを乱暴にまとめてみると、豊かさとは「たくさんの選択肢があること」だと言えるんじゃないかなと思います。

ですから、選択肢が常に限られていると、僕たちは”貧しい”と感じます。

「毎日、吉野家で晩御飯を食べてください」。嫌です。

「毎日、このアルバムだけ聞いてください」。好きだけどちょっと。。

 

さて、一方でたくさんの選択肢から考えてえらぶという行為はとても面倒くさくて苦痛が伴います。

何か調べものをしようというときに、さて図書館に行くこともできるし、あのウェブサイトで調べてもいいな、電子辞書でもいいし。どれにしよう。

そんなことを考えてしまうと、調べること自体が面倒になってしまいます。

一方で、「グーグルを開いて検索バーに入力する」と選択肢がひとつに決まっていれば、無駄なことに頭を使わずに済むのでめちゃくちゃ楽です。

僕たちは選ばなくていいほど、基本的には楽だし幸せなのです。

ログミーの「人は自由になるほど幸福度が下がる」 ”選択のパラドクス”が起きる4つの原因という記事にもそんなことが書かれています。

 

この2つを組み合わせると、「選択肢はたくさんあるけれど、自分で選ばなくていい」。

そんな状態が一番豊かだし楽だと感じるというわけです。

「(たくさん買えるものはあるけど、)みんなが買ってるから、自分もこれ。」

「(色はたくさんあるけど、)あの有名人も着てるから、今年の色はこれ。」

「(たくさんの中から選べるけど、)ランキング上位だからここ。」

そういう視線で考えると、「選択肢が豊富だけど、どれを選ぶか考えなくていい」という仕組みは秀逸だなぁと改めて思ったりするのです。

follow

follow us in feedly

  関連記事

その歳でしか書けない歌詞

家の近くに4回くらい行ったバーがあります。 「家の近くに行き着けのバーがあったらやばくね(笑)」なんて全然やば […]

でも最後は社会に戻ってくる。『海辺のカフカ』じゃないですけどね。

たまにはブログっぽくツラツラと書いてみよう。 そんな風に思い立って、いまパソコンに向かっています。 とは言って […]

文系のものづくり

最近、よく推されてるのを見かける『コンサル一年目が学ぶこと』   買って読んでみてるのです。 何目線 […]

スティーブ・ジョブズは、世界を騙して”小型PC”を爆発的に普及させた。

仕事柄、インターネットについて考えることは超大事なのですが、なかなか時間が取れていない気がするので、頭の中を整 […]

ノスタルジックは消費的

昨日、2ヶ月弱の八戸生活を終えて、東京に戻ってきました。   この2ヶ月間はわりと消費的に過ごした気 […]

【RAqのマガジン vol.1】音楽ストリーミング戦争がはじまった!

ちょっと、新しい形のキュレーションを試してみたいなと思っているので、不定期でマガジン的な記事を書いていきたいと […]

インターネットの希望と、インターネットの絶望

僕はこれまで数年間、インターネットのもたらす希望の側面ばかりを見てきました。世の中はどんどん便利になっています […]

情報リテラシーは「嘘を嘘と見抜く力」だけじゃなく「嘘を嘘と見抜けないことを前提とした情報との付き合い方」もあると思う

以下のような記事がタイムラインに流れてきました。 「安保法案反対デモで孫が死んだ」とのデマがTwitter拡散 […]

「音楽だけで食う」の違和感。「ラッパーとして回収される」が100倍しっくりきたよ。

「音楽だけで食っていきたいですか?」 こんな風にインタビューで訊かれたことってあると思うんですよね。(あるいは […]

良い憂鬱と悪い憂鬱

良い憂鬱は、失敗のプレッシャーを前にした憂鬱です。 全社へのプレゼンを控えて過ごす週末、大きな会場でのライブ前 […]

PAGE TOP ↑