家計簿アプリにさよなら。資産管理アプリのMoneyTreeが便利すぎる!

sponcered by







家計簿アプリが流行っていてZaimなんかがレシートを撮影するだけで家計簿がつけられる!ということで盛り上がっていると思うんですが、

個人的に一押しのアプリがこのMoneyTreeです。

moneytree

こちらのMoneyTreeはAppStoreでBest of 2013も取っています!

ということで、超おすすめなので紹介してみたいと思います。

入力が一切不要。家計簿アプリにさようなら。

このMoneyTreeの凄いところが家計簿アプリと違って入力が一切不要なところです。

たとえば従来のアナログな紙の家計簿であれば全資産と入出金をメモしていって管理するわけですよね。そして家計簿アプリと呼ばれる類のものも、そうした家計簿がアプリになっただけで、基本的には同じ前近代的なコンセプトなわけです。

そしてこの家計簿管理というのは非常に面倒です。面倒すぎる。ジュース1本買うたびにレシート撮影したり金額打ち込んだりしないと使い物にならないわけです。

その点、このMoneyTreeは「家計簿に断念した人のためのアプリを作りたかった」というだけあって秀逸です。基本は銀行口座やクレジットカード等の金融機関の情報とポイントなどの情報を登録しておくだけです。あとはMoneyTreeが完全に自動で管理してくれるのです。

考えてみれば財布の中のキャッシュなんてのはすぐに出て行くわけで、財布にいくら、口座にいくらなんて情報を一々記録するのは時間と労力に見合わないわけですね。銀行口座にいくらあるのかと、クレジットカードでいくら使ってるのかが分かっていれば、おおまかな日常の資産管理は充分ってなわけです。

そしてMoneyTreeの起動後のトップ画面はこちら!

moneytree-screen

もうめちゃくちゃ分かりやすいんです!

銀行口座に入ってるお金が2段目、電子マネーが4段目ですね(僕は電子マネーは登録してないので4段目はありませんが)。基本的には、この2つが持っているキャッシュです。その他にもTポイントや楽天ポイント、Pontaポイント、ビッグカメラポイント等、あらゆるポイントを登録しておくことが出来ます。いくらポイントが貯まってるかをサクッとチェックできるのはありがたいですね。

そしてクレジットカードでまだ支払いを迎えていない分(=借金)が3段目です。

これを差し引いた自分の資産が1段目に表示されているわけです。

これを全て自動でやってくれるわけですから物凄いアプリです!

MoneyForwardも金融機関を登録すれば似たように自動で計算してくれるのですが、MoneyForwardのほうは現金という概念があって、ATMから引き落としても資産から減らなくて、財布というカテゴリに移る仕様になっているので、結局支出の打ち込みが必要なんですね。

その点、こちらのMoneyTreeはATMから引き落としてしまえばその時点で支出として差し引いてくれます。その後の財布から出ていった金額を記録する必要は無いわけです。

支出やカードの使用明細も見れる

moneytree_支出

画像出典

支出の内容を記録して振り分けることも可能ですし、カードの明細も自動で支出に振り分けてくれます。

Appleで音楽を買っていれば音楽の項目に振り分けてくれますし、Amazonは本に振り分けるように設定しておけばそうしてくれます。

WEBサービスなんてカテゴリもあって、固定費も一目瞭然になるので支出減らしたいときにも参考になります。

ということで

家計簿とかつけられないけどお金管理したいかもって人には超お勧めですね。

ZaimもMoneyForwardも数多の家計簿も断念してきた僕が言うので間違いないかと!笑

sponcered by