「白人の母親にニガーと呼ばれていた」。Logicが語る、母親の人種差別的虐待、父親のドラッグ中毒、幼少時代の生活についての周囲の誤解。

公開日: インタビュー, ニュース

logic1

母親の人種差別的虐待、父親のドラッグ中毒、幼少時代の生活についての誤解

家には銃があり、兄弟は麻薬の売人。フードスタンプに頼り生活保護を受け、クリスマスや誕生日を祝ったこともない。そんな環境でLogicは育った。

最近のインタビューで、Logic多くの人たちが彼の幼少期の育ち方を誤解している事について、次のように説明している。

Complex誌の取材に対して彼はこう答えた。

スポンサーリンク

「みんなは俺を見て、郊外の金持ち家庭の出身で、両親から何でも買い与えてもらって育ったお坊ちゃんだって思ってる。でも、そんなの全部大嘘さ。家には銃があって、兄弟はクラックの売人だった。セクション8(訳者注:低所得者向け家賃援助プログラム)、フードスタンプ、生活保護、いろいろなソーシャルサービスに頼ってどうにかここまで成長したんだ。クリスマスはもちろん、誕生日だって祝ってもらったことがない。」

Logicが体験してきた苦労の原因には、母親が抱えているいくつかの問題が関係していた。

「お袋はやさしかったけど、ドラッグと売春のせいで地獄のどん底のような生活だった。本当に最悪だったな。そして、お袋は精神的にボロボロになってしまったんだ。ケガが絶えなかったし、レイプもされた。子どものころ俺は、お袋に絞め殺されかけたんだぜ。こんな家庭環境に俺がどんなに苦しんだかは、とても言い表せないよ。いつも死にそうな叫び声が聞こえるんだ。お袋はどこかの男と罵り合ってるか、ひどい目に合ってる。しかも、台所や床が血まみれになってることがよくあった。」

「それにお袋は人種差別主義者だったんだ。なかなか理解できないだろうけど、俺は子どものころお袋からニガーって呼ばれてた。『元気か、ニガー』とかそういう挨拶レベルの話じゃない。全く差別的な意味で言われてたんだ。黒人の男と寝て子どもをつくろうって女が、自分の亭主や子どもに人種差別をする。そんなのとても納得できないよ。」

彼の父親も多くの困難を抱えていた。彼が何度も話したのは、父親のドラッグ中毒についてだ。

「親父は俺を呼び出して、こんなことを言った。『お前は俺がいつもクラックを吸ってると言っているが、その態度は気に入らんな』って。だから俺は言い返してやったんだ。『だったら、親父が俺にしているひどいことを終わらせるために、俺が親父のクラックについて何も言わないでそのドラッグを俺の身体に入れたら、親父は俺を褒めてくれるのか。それとも、俺に積極的にドラックをやれっていうのかよ。』ってね。」

Logicは2013年12月、HipHopDXに2014年の計画について次のように語っていた。

「このレコードのリリックには、本当に重要な意味が込められている。これは、俺のキャリアの中でファンが初めて本当の俺を知る曲になる。確かに今までの、「Dear God」や「Dead President Ⅲ」という曲でも、俺がどんな人間でどんな体験をしてきたを深く掘り下げはいる。でも、Bobbyという人間としての俺の人生については、まだ真実を語っているとはいえない。これまでの曲は、Logicについて多くを語っている曲なんだ。」

「ラッパーたちやミックステープに囲まれてると、俺たちはラップで自分の価値を証明しているんだって思う。『俺は最高さ。だって俺のラップは最高なんだからな。お前らも聞いてみろ!』ってね。確かに、そんな気持ちでミックステープをつくってる。だけど、このアルバムは全く別だ。このアルバムがあるから俺のファンなんだって言って欲しいのさ。このアルバムで、本当の俺を分かってもらいたいんだ。Kendrick のミックステープや、Coleの曲なんかで連中がラップしてるのを聞けば、ちょとは奴らのことが分かる。でも、アルバムの中には、アーティストにとってすごく重要な意味を持つ曲やアーティストのことが本当に分かる素晴らしい曲があるんだ。それを聞けば、ラッパーやミュージシャンといったアーティストとしてではなく、一人の人間としてそいつのことが分かる、そういう曲がね。」

・この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事を和訳したものです。(訳者ウェブサイト

『アウフヘーベン』 を試聴する

iTunesで試聴する

  関連記事

「黒人が音楽スターとして活躍することを可能にしたのはマイケル・ジャクソンだった」。マイケルよりも上に手が届いたときに、カニエが感じたクリエイターとしての壁。

・このインタビューの元動画はこちらです。 ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響 […]

「多くの人達と、久しく会いながら遊ぶ男」。游久(ゆ~きゅ~)インタビュー

“ホンモノ”が本格的に動き出した。 知る人ぞ知る存在だった游久が、5ヶ月連続のEPリリース。 そして、来年には […]

Lil Durkがアルバム『Remember My Name』と反暴力キャンペーンについて語る

*この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事を和訳したものです。   『Remember My […]

J・コールが『Truly Yours4』と『Revenge Of The Dreams』を製作中。

Article by Jay Balfour   J・コールが新曲のリストを撮った写真を、インスタグ […]

「”世代の声”としての立場に責任を持たなければいけない」。ケンドリック・ラマーのインタビュー和訳(PART2)。

Translated by Peter Gardiner part1:当初はアルバム名が『To Pimp A […]

De La Soulが新しいアルバムのためにKickstarterで600,000米ドル調達

*この記事はHIPHOP DXの記事を和訳したものです。   De La Soulが史上2番目となる […]

Rich Homie Quanの所属レーベルが、父親の受けた銃撃について声明を発表

*この記事はXXL Magazineに掲載されている記事の和訳です。   昨晩(9/30夜)、Ric […]

ビッグ・ショーンの新しいアルバムは、「今までで一番ダーク」

この記事はHIPHOP DXに掲載されている記事を和訳したものです。   ビッグ・ショーン云く「カニ […]

「周りのやつらは俺より俺を知ってるように振舞うんだ」。Joey Badass、アルバム発売前のインタビュー(フル)。

この記事はこちらの動画の和訳です。   P=Peter Rozenberg, J=Joey Bada […]

「死ぬ前に仲直りできなかった」。QuestloveがBiggieとの関係を語る。

Article by Danielle Harling   Biggieが死んだって言うんだ。その一 […]

PAGE TOP ↑