DApps開発入門:Solidityの基礎:配列を定義する

DApps開発入門:Solidityの基礎

sponcered by







Solidityの基礎:配列を定義する

配列とは

Solidityの配列は、プログランミング全般における一般的な配列と同じです。固定長の配列と可変長の配列があります。

ただし、状態変数の項目でも書いたとおり、スマートコントラクト内の状態変数は実質的にブロックチェーン上のデータそのものです。そのため、可変長の配列はまさにブロックチェーン上のデータベースであるといえます。

配列を定義する

Solidityで配列を定義する際には、以下のように記述します。

さまざまな配列を定義する場合

Solidityの初心者向けガイドに戻る

DApps開発入門:Solidityの初心者向け完全ガイド

DApps開発入門:Solidityの初心者向けガイド

2022年4月30日

基礎編:状態変数 / 構造体 / 関数の基礎を理解する

基礎編:イベント / マッピングを理解する

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。