映画『レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』を観た。感想&あらすじとか。

映画の感想

sponcered by







『レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』を観た

ウディ・アレン監督の新作映画『レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』を観ました。

あらすじ

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをすることになったこと。

生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャツビーは自分好みのデートプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事が次々と起こるのだった……。

amazonより

感想:中身のなさが良い

ストーリーがどうとか、内容がどうというよりも、ウディ・アレンの世界観・雰囲気を楽しむ映画なのかなと思います。

主人公は、チャーリー・パーカー好きで、即興でピアノの弾き語りをしてしまうようなオシャレ大学生。ギャンブルでお小遣いを稼いで、アンニュイな世界観を漂わせます笑。

BGMに「Misty」が流れる雨の日のニューヨークで、登場人物たちがウィットにとんだ会話を繰り広げる、みたいなおしゃれな感じが好きなら、ぜひ観てみてください(笑)。

個人的には、ナルコスで一番好きなメキシコ編の主人公フェリックス・ガジャルドを演じたディエゴ・ルナが出てきたり、楽しく観れました。ギャッツビーの母親が過去をいきなり話し始めたシーンが最高(笑)。

なんかこういう中身がない作品を観たいときもありますよね。ストーリーはノリで、あとは文体で読ませる小説みたいな。

こういう作品は、とても好きです。

ウッディ・アレン好きはもちろん、ジャズ好き、80年代のニューヨーク好き、たぶん村上春樹好きの皆様も(?)、合うと思うので、ぜひ観てみてください。

『レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』の詳細情報

概要

恋の魔法がNYの街に降りそそぐ、甘くて苦いロマンチック・コメディ!

その美しいルックスと演技力で新世代を牽引するティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)、大作からインディペンデント映画にまで引っ張りだこのイット・ガール、エル・ファニング(『マレフィセント』)、世界の歌姫セレーナ・ゴメス(『デッド・ドント・ダイ』)を迎え、84歳のウディ・アレンが贈る最新作は、運命のいたずらに翻弄される、甘くて苦いラブストーリー。

セントラル・パーク、カーライル、メトロポリタン美術館など、美しい街並みが旅をしているかのように登場する。

サプライズが詰まったニューヨークの魔法にかかった、男女の恋の行方は?観る者の胸を弾ませ、爽快感に満たされる、まさに雨上がりのような珠玉作が誕生した。

監督

  • ウディ・アレン

キャスト

  • ティモシー・シャラメ
  • エル・ファニング
  • セレーナ・ゴメス
  • ジュード・ロウ
  • ディエゴ・ルナ
  • リーヴ・シュレイバー

関連記事

映画の感想

2020年公開のおすすめ映画

2020年12月11日
映画の感想

おすすめの恋愛映画

2020年12月11日

「おすすめ映画(トップ)」に戻る

sponcered by