映画『ANNIE(アニー)』が開始1分から最高だった

sponcered by







annie

僕は感動系のヒット映画にあまりフィールしないことが多いんですね。

『アナと雪の女王』も、曲が良いのとかは分かったんですけど、いまいち刺さらなかったし。

 

ということで、ANNIEも宣伝の感じからして、あまり期待せずに見に行ったわけです。

 

開始1分で既に最高だった

見事に、良い意味で期待を裏切ってくれました。

開始1分で鳥肌なわけです。トゥモローじゃないんですよ。開始1分ですよ。

あまり期待せずに見に行った自分を反省しました。

 

その開始1分のシーンは、アニーがルーズベルト大統領のニューディール政策について教室で発表するシーンなんですね。

そこで、プレゼンで他の生徒に机を叩かせたりするんですが、これが最高のリズムなんです。言葉では伝わらないので、ぜひ映画館で見て欲しいですね!

(画像探してみましたが、見つかりませんでした。)

 

そんな感じで、これぞミュージカル映画といった感じの至高の幕開けで始まります。

ジェイZのサンプリングでもお馴染みのHard Knock Lifeの曲なんかも出てきますし、誰でも楽しめると思います!

久々に明るくて爽快な映画を見た気がします。

 

キャストも魅力的

Jamie Foxxが歌いだすと、「おおwwうめえwww」ってなりますし、キャメロン・ディアスも嫌な奴役なんですが、途中で実際に「キャメロン・ディアス嫌な奴だな~」と思ってしまうほどの演技上手。

 

キャメロン・ディアスのインタビューはこちらで読めます。

『ANNIE/アニー』キャメロン・ディアス単独インタビュー

 

ハリウッドでは、わたしくらいの世代に突入した女優は、ある役柄が演じられなくなるといわれているわね。でも、実際のところ役はたくさんあるのよ。(年齢的に)演じられなくなった役柄を(今でも)やろうとするから、みんな問題を抱えることになるの。その役がセクシーで魅惑的なキャラクターであれば、余計それを手にすることはできないわね。

 

なかなか興味深いインタビューです!

 

ということで

映画館で上映中ですので、ぜひ見てみてください!

 

sponcered by







▼洋楽ラップの解読なら▼