ニュースアプリ大本命!?UIが良すぎと話題のSmart Newsを使ってみた。

公開日: ウェブとメディア

IMG_0886[1]

 

デザインがめちゃくちゃ良くて、使いやすいと話題になっていたので、Smart Newsを使ってみました。

 

Smart Newsの使い方

IMG_0887[1]

 

まずは、チャンネルを選びます。(チャンネルは後からでも追加・削除することが出来ます)。それぞれのチャンネルはタブで一覧が表示され、左右にフリックすることで移動するようになっているので、とりあえず全て選択しておくのがお薦めです。

スポンサーリンク

 

IMG_0888[1]

 

次に配信時間を選びます。

こちらはライフスタイルに合わせてですが、自分がアプリを開きそうなタイミングを思い浮かべて、出来るだけそれらの間に切り替わるように選ぶと良いと思います。

 

IMG_0891[1]

 

アプリを開いたら、まずは左にフリックしながらTwitterのタブまで移動します。

ここで、Twitterアカウントとアプリを連携することで、タイムラインでツイートされているニュースを自動で拾って来てくれるようになります。

 

IMG_0892[1]

 

こんな感じですね!

自分のツイートした興味・関心を元に、記事を集めてきてくれるGunocyとは違い、Smart NewsのTwitterチャンネルは、他人が話題にしているニュースを集めてきます。

 

IMG_0894[1]

 

また、それぞれの記事はSmartモードでも表示することが出来ます。

何よりも嬉しいのが、このSmartモードでの記事表示の速さです。通常スマートフォンだと電波状況が良くてもページの表示までに4~5秒、長ければ10秒くらい掛かったりすると思うのですが、記事を選んでタップした後に、「すぐ読む(Smartモード)」をタップすると、1秒と掛からずに記事テキストと画像だけを読み込んで表示してくれます(ニュース配信時に既に読み込まれているのかな?)。そちらで記事を読んでいる間に、Webページ側の読み込みも終わるため、その後はストレスなく元々のウェブサイトでも見ることが出来ます。

また、こちらはPocket等を利用したことがある人なら、それと似たようなイメージで、デバイスにダウンロード?してくれていて、電波が飛んでいないところでも見ることが軽いページになっています。

 

IMG_0895[1]

 

Smartモード表示から、右上のシェアアイコンをタップすると、記事をシェアすることが出来ます。

EvernoteやPocket等も備わっていて便利です。

 

smartnews

 

こちらからシェアすると、このように#SmartNewsのハッシュタグと、SmartNewsオリジナルな短縮URLが付きます。こちらのURLのリンク先は、Gunocy等のように一旦サービスの用意した遷移ページに飛ばされるのではなく、直接オリジナル記事に飛ぶようになっています。たとえば上記の場合だと、直接Naverまとめに飛ばされます。サービスの成長の関係上、今後修正される可能性はありますが、これは印象が良いですね。

 

Smart Newsに他のニュースを追加

018

 

プラスというタブから、外部のニュースサイトをチャンネルとして追加することが出来ます。

 

020

 

試しにTech Crunchを追加してみると、

 

021

 

こんな感じで表示されます!

 

Smart Newsはおすすめのニュースアプリ

Smart News、噂通りの使いやすいアプリでした。

どちらかというとYahoo!ニュースのように、自分の興味等と関係なく、とにかく今話題になっている記事を広くたくさん集めてくるアプリなので、Gunocyとは両立しそうな感じですね。

テレビのニュースも、Yahoo!ニュースも、あまり見ないので、世間のニュースに疎かったのですが、Smart Newsは見出しをバッと見るだけでも大体情報が掴めるので、凄く便利ですね。まさに新しい形の新聞という感じです。

 

follow

follow us in feedly

  関連記事

試して分かった!Facebook広告の効果を高める3つのコツ。

突然ですが、最近、Facebook広告を試しています。 Facebook広告の「投稿の宣伝」は1年半くらい前に […]

検索結果における歌詞の直接表示から考える!今後Googleが自製する可能性のあるコンテンツ。

去年の年末ですが、Googleが一部、検索結果において歌詞を直接表示するようになったというニュースがありました […]

オンラインで記事をバラ売り?ジャーナリズムのiTunesを目指すBlendleが熱い。

オランダのスタートアップ、BlendleがThe New York Timesを運営するThe New Yor […]

本『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい』。主導権が消費者に移るとき、時代は演説から会話へ。

時代の変遷を理解する 消費させるから、消費されるへ。パワーバランスがひっくり返るとき。 従来、消費者には力があ […]

コンテンツマーケティングには2種類ある。EC型と売名型。

コンテンツマーケティングという言葉が流行って久しいです。 最近、コンテンツマーケティングには2種類あるなと思う […]

【まとめ】今回の都知事選で、僕が目にしたウェブ周りでの動き

  (1) 舛添要一を都知事にしたくない女たちの会 舛添要一氏は最有力候補 かつて離党した自民党に加 […]

ウェブ好き必読!Googleからウィニーまで解説した『アーキテクチャの生態系』が本気でおもしろい。

「アーキテクチャ」と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか? 英語が得意な方は「建造物」、あるいは立派なビルや建 […]

180度違う!ウェブ時代の文章の書き方を解説した『武器としての書く技術』を読みました。

読んでくれること、受け取ってくれることを前提としてコミュニケーションを取る時代が終わっています。 テレビのCM […]

セレンディピティを受けよう!視野を広げるのに役立つ7つのウェブサイト等。

日常を前向きに、目標を持って生きていくのには、なかなかエネルギーがいりますよね。 ときには視野が狭くなったり、 […]

一推しのNewsPicksと、その他のオススメ・ニュースアプリまとめ

2014年はニュースアプリ大戦争な様相を呈していて、あちこちで比較記事も出まくってます。ということで、僕もいろ […]

PAGE TOP ↑