そういえば、僕が中学2年生のときに、学校の国語の先生が、1年ごとにアルバムを1枚聴き倒してるといっていました。

公開日: 曲にする程じゃないこと

アップルミュージック楽しいですよね。

水道をひねるように音楽があふれでてくる。

ちょっと僕には処理しきれない量だけど、いずれ慣れるんでしょう。

何事もいずれ慣れる。

 

賛否はどうなんでしょう。

寂しさもあるかもしれません。

小学校の頃は、親に買ってもらったお気に入りの赤ペンを完全にインクがなくなるまで使った。

インクがなくなったら、ペンの後ろを開いて、水を少し入れて、そしたら復活して、また使った。

音楽も似たようなもので、聞き飽きたアルバム1枚に再発見があって、また聴き倒したりしました。

アップルミュージックでは、そういう体験はたしかに難しいかもしれません。

文字通り、音楽が溢れてますからね。

はい、次。はい、次。

 

そういえば、僕が中学2年生のときに、学校の国語の先生が、1年ごとにアルバムを1枚聴き倒してるといっていました。

そうすることで、アルバムを聴いたときにその頃の生活や情景が浮かび上がるっていうんですね。

それも素敵ですよね。

 

でも、やっぱり僕はいろいろなことが変わっていく中で、新しいものを素直に楽しみたい。

今の良さを見つけ、昔の方が良かったなんて言わない、そんな風にありたいなぁと思います。

  関連記事

【RAqのマガジン vol.1】音楽ストリーミング戦争がはじまった!

ちょっと、新しい形のキュレーションを試してみたいなと思っているので、不定期でマガジン的な記事を書いていきたいと […]

説明ほど大事なものはない

説明しなくても分かるものこそ素晴らしい。 僕はずっとそういうスタンスを信じてました。 説明しないと分からないの […]

良い憂鬱と悪い憂鬱

良い憂鬱は、失敗のプレッシャーを前にした憂鬱です。 全社へのプレゼンを控えて過ごす週末、大きな会場でのライブ前 […]

スティーブ・ジョブズは、世界を騙して”小型PC”を爆発的に普及させた。

仕事柄、インターネットについて考えることは超大事なのですが、なかなか時間が取れていない気がするので、頭の中を整 […]

文系のものづくり

最近、よく推されてるのを見かける『コンサル一年目が学ぶこと』   買って読んでみてるのです。 何目線 […]

その歳でしか書けない歌詞

家の近くに4回くらい行ったバーがあります。 「家の近くに行き着けのバーがあったらやばくね(笑)」なんて全然やば […]

情報リテラシーは「嘘を嘘と見抜く力」だけじゃなく「嘘を嘘と見抜けないことを前提とした情報との付き合い方」もあると思う

以下のような記事がタイムラインに流れてきました。 「安保法案反対デモで孫が死んだ」とのデマがTwitter拡散 […]

ナメられたら終わるアイスホッケー選手たち

昨日はアイスホッケーを見に行きました。 八戸のFree Bladesっていうチームがあるんですね。それで、みん […]

インターネットの希望と、インターネットの絶望

僕はこれまで数年間、インターネットのもたらす希望の側面ばかりを見てきました。世の中はどんどん便利になっています […]

でも最後は社会に戻ってくる。『海辺のカフカ』じゃないですけどね。

たまにはブログっぽくツラツラと書いてみよう。 そんな風に思い立って、いまパソコンに向かっています。 とは言って […]

PAGE TOP ↑