ポーカー用語:ハンドレンジとは

ポーカー用語

sponcered by







ハンドレンジとは

「ハンドレンジ」とは、相手の2枚のハンドの予想範囲のことです。

たとえば、相手のスターティングハンドがAA、KK、QQ、AK、AQのいずれかだと予想するとき、「相手のハンドレンジは、AA・KK・QQ・AK・AQ」といったりします。

近年ポーカーは研究が進んでおり、「どのポジションから、どのハンドでゲームに参加すると期待値がプラスになりやすいか・勝率が高いか」について、ある程度の共通認識が生まれています。

そのため、相手がどのポジションから、どのくらいの額をベットしてきたかによって、相手のハンドレンジをざっくりと予想することができます。

例えば、相手がアーリーポジションから大きなレイズをしてきた場合、相手のハンドレンジはAAやKK、QQ、AKなど、かなり強いハンドだと推測できます。このとき、フロップで8・6・3のように弱いカードがめくれると、相手は役がない(ハイカード)だと予想してベットすることができます。

このように、ハンドレンジという概念は、ポーカーを理論的にプレイする上で、非常に重要です。

関連記事

ポーカーのハンドレンジについて

ポーカー(テキサスホールデム)のハンドレンジとは

2020年11月1日
ポーカーのハンドレンジ表(スターティングハンド表)

ポーカーのハンドレンジ表(スターティングハンド表)まとめ【Snowie】

2020年11月1日
ポーカーのプリフロップ

ポーカーのプリフロップ攻略(勝率・ハンドレンジ・プロの戦略)

2020年11月7日

関連用語

ポーカー用語集に戻る

 

sponcered by