『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』はこうして出来た!ティム・バートンが絵を見せながらストーリーを話し、ダニー・エルフマンが音楽をあわせて作曲。

公開日: アートとデザイン

nightmare-before-christmas

今月から六本木ヒルズタワーで「ティム・バートンの世界」という展覧会が始まったということで、今月号の美術手帳はティム・バートン特集でした。

ティム・バートンといえば『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』。

ジャックを始めとする魅力的なキャラクターたちの虜になった方も多いのではないでしょうか。

今月の美術手帳における特集の中でも『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』について触れられている箇所は多いのですが、どのように作られたかについてダニー・エルフマンが語っていたので、紹介してみます。

スポンサーリンク

 

アニメーション作品の場合は、すべてがティム・バートンのドローイングから始まる

ティムはいつも何かを書いている

burton1

普段からナプキンやメモ帳にも絵を描いているというティム・バートン。

ティムは昔から、いつでも絵を描いているそうです。

絵を描くということが何を意味するのかは、本人の口から語られています。

僕は喋るのが苦手だから、絵を描くことがコミュニケーションの手段なんだ。絵の抽象的なところが気に入ってね。昔から口数の少ない子で、絵は自分がどう感じているかを表現できる大事な方法だった。自分だけのおしゃべりとも言えるかな。セラピーでもあり、自分がいったい何者なのかを知る方法でもあったんだ。

美術手帳2014年11月号

ティムが絵を見せてストーリーを読む

ティム・バートンと過去に16作品でタッグを組んだ作曲家のダニー・エルフマンが、どのようにして作品が創られていくかを語っています。

『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』を製作するときは脚本がありませんでした。彼は私に絵をみせて、子どもに読むようにストーリーを話すんです。

「ある日、ジャックは森に行き・・・」という風に。

そこでひらめいた音楽をあわせて作曲し、数日後にまた話の続きを聞く、というのを繰り返しました。

美術手帳2014年11月号

という風にして、作品と音楽が作られていくんですね。

 

ティム・バートンにとってのハロウィーンとは

timburton2

ちなみに、ティム・バートンにとってのハロウィーンとは何でしょう。

こんな風に語っています。

僕にとって、ハロウィーンはいつだって一年のうちで一番楽しい夜だった。

ハロウィーンになるといろんなしきたりがなくなって、何にだってなれる。

空想が支配するんだ。

ほんとに誰か他の人を死ぬほど怖がらせようと思って外に出る人は誰もいない。

他の人たちを脅かして楽しませようと思って外に出るんだ。

それこそがハロウィーンの目指すものであり、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の目指しているものなんだよ。

美術手帳2014年11月号

 

展覧会「ティム・バートンの世界」は2015年1月4日まで

timburtonworld

展覧会の方は、2015年1月4日までやっているそうです。

これは行かなきゃ。

 

『アウフヘーベン』 を試聴する

iTunesで試聴する

  関連記事

「色を明るくすることで、人の感情も明るくしたい」。ファレル・ウィリアムズの”色”へのこだわり。

ダクラ社CEO・クレイグ・ロビンス氏、ファレル・ウィリアムスとの対話(元の動画はこちら)   色を明 […]

ティム・バートン風にポケモンを描いたシリーズが面白い。

Pinterestを漁っていたら、ティム・バートン風にポケモンを描いたシリーズがあって、おもしろかったので紹介 […]

「自分を何様だと思ってるかって?さっき言っただろ、神様だよ!」。お前は何でも出来る、と言われて育てられたカニエの成功観。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

「音楽なら2億円で製作して、庶民的な価格で販売できる。服は現状、そうはいかない」。カニエ・ウェストが語る、服業界の抱える問題。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

これで無料!WordPressでオススメのおしゃれなテーマ集。

メモがわりに。 Stinger3 ダウンロードページ 言わずと知れた無料Wordpressテーマのチャンピオン […]

「アウトプットの引き出しがたくさんあれば、一つ一つで我侭にならなくて済む」。カニエの向かう先は服のジョイント・ベンチャー?

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

日本人はなぜマリオを生み出せたのか?チームラボの考える日本人の空間認識がおもしろい!

ログミーにこんな記事が上がっていました。 マリオはなぜ世界でヒットしたのか? チームラボ・猪子氏が語る、日本的 […]

『「ひらめき」を生む技術』(伊藤穣一)を読みました

先日聴いた伊藤穣一さんのスピーチが凄く分かりやすくて刺激を受けたので、伊藤穣一さんの本を読んでみました。 伊藤 […]

圧倒される作品量!多作すぎるティム・バートンの作品展に行ってきた。

行こう行こうと思ったまま、終わってしまいそうだったので、一念発起して森ヒルズのティム・バートンの作品展を観に行 […]

「インタビューが大嫌い」。ファレルがインタビューを嫌う理由とは。

part1:『「色を明るくすることで、人の感情も明るくしたい」。ファレル・ウィリアムズの色へのこだわり』 pa […]

PAGE TOP ↑