『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』はこうして出来た!ティム・バートンが絵を見せながらストーリーを話し、ダニー・エルフマンが音楽をあわせて作曲。

公開日: アートとデザイン

nightmare-before-christmas

今月から六本木ヒルズタワーで「ティム・バートンの世界」という展覧会が始まったということで、今月号の美術手帳はティム・バートン特集でした。

ティム・バートンといえば『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』。

ジャックを始めとする魅力的なキャラクターたちの虜になった方も多いのではないでしょうか。

今月の美術手帳における特集の中でも『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』について触れられている箇所は多いのですが、どのように作られたかについてダニー・エルフマンが語っていたので、紹介してみます。

スポンサーリンク

 

アニメーション作品の場合は、すべてがティム・バートンのドローイングから始まる

ティムはいつも何かを書いている

burton1

普段からナプキンやメモ帳にも絵を描いているというティム・バートン。

ティムは昔から、いつでも絵を描いているそうです。

絵を描くということが何を意味するのかは、本人の口から語られています。

僕は喋るのが苦手だから、絵を描くことがコミュニケーションの手段なんだ。絵の抽象的なところが気に入ってね。昔から口数の少ない子で、絵は自分がどう感じているかを表現できる大事な方法だった。自分だけのおしゃべりとも言えるかな。セラピーでもあり、自分がいったい何者なのかを知る方法でもあったんだ。

美術手帳2014年11月号

ティムが絵を見せてストーリーを読む

ティム・バートンと過去に16作品でタッグを組んだ作曲家のダニー・エルフマンが、どのようにして作品が創られていくかを語っています。

『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』を製作するときは脚本がありませんでした。彼は私に絵をみせて、子どもに読むようにストーリーを話すんです。

「ある日、ジャックは森に行き・・・」という風に。

そこでひらめいた音楽をあわせて作曲し、数日後にまた話の続きを聞く、というのを繰り返しました。

美術手帳2014年11月号

という風にして、作品と音楽が作られていくんですね。

 

ティム・バートンにとってのハロウィーンとは

timburton2

ちなみに、ティム・バートンにとってのハロウィーンとは何でしょう。

こんな風に語っています。

僕にとって、ハロウィーンはいつだって一年のうちで一番楽しい夜だった。

ハロウィーンになるといろんなしきたりがなくなって、何にだってなれる。

空想が支配するんだ。

ほんとに誰か他の人を死ぬほど怖がらせようと思って外に出る人は誰もいない。

他の人たちを脅かして楽しませようと思って外に出るんだ。

それこそがハロウィーンの目指すものであり、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の目指しているものなんだよ。

美術手帳2014年11月号

 

展覧会「ティム・バートンの世界」は2015年1月4日まで

timburtonworld

展覧会の方は、2015年1月4日までやっているそうです。

これは行かなきゃ。

 

  関連記事

「動かない奴らは何がその後に起こりうるかという妄想の奴隷になっている」。カニエ・ウェストの語る、理想の現実を追い続ける姿勢。

・このインタビューの元動画はこちら ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響を与え […]

ドワンゴ会長がジブリに見習いで入社!?『コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと 』がおもしろい。

  筆者の川上量生氏はニコニコ動画を作った人物 この本を書いた川上量生氏は、KADOKAWA・DWA […]

最強の無料カメラアプリ!Fotorを使っておけば間違いない!

皆さん、カメラアプリは何を使っていますか? 僕は、Instagramをやっている関係で、撮影もInstagra […]

スマートフォンでデザインをチェックする癖

ブログやサイトのデザインをいじるときってPCでいじることが多いので、ついついPCのレイアウトばかり気にしてしま […]

超手軽に画像を合成できるPhotoFuniaというサイトが凄い!

  ツイッターやFacebookでも画像を添付した投稿のほうが、読まれる確率が圧倒的に高かったりと、 […]

圧倒される作品量!多作すぎるティム・バートンの作品展に行ってきた。

行こう行こうと思ったまま、終わってしまいそうだったので、一念発起して森ヒルズのティム・バートンの作品展を観に行 […]

iPhoneでも余裕でKindleでした!Kindleを使う4つのメリット。

長い間です。とても長い間。 僕は電子書籍というものを食わず嫌いしていたんですね。   やっぱり本は紙 […]

ティム・バートン風にポケモンを描いたシリーズが面白い。

Pinterestを漁っていたら、ティム・バートン風にポケモンを描いたシリーズがあって、おもしろかったので紹介 […]

“独りよがりの芸術”から脱却するには?村上隆『芸術起業論』にはヒントがたくさん。

村上隆って誰だ?と思う方も多いかもしれません。 村上隆は、欧米で評価されている日本人の芸術家です。 ヒップホッ […]

「黒人が音楽スターとして活躍することを可能にしたのはマイケル・ジャクソンだった」。マイケルよりも上に手が届いたときに、カニエが感じたクリエイターとしての壁。

・このインタビューの元動画はこちらです。 ・part1:「ドラッグ、お酒と一緒に消費される音楽よりも、人に影響 […]

PAGE TOP ↑