映画『ファッションが教えてくれること』。流行を作る人たちの仕事に迫る。

公開日: アートとデザイン, 映画

anna-wintour

「流行なんて一部の人たちが作ってる」。その一部の人たちに光を当てる。

 

『VOGUE』誌の編集長、Anna Wintour

アメリカ女性の10人に1人の約1300万人が購読する米ヴォーグ誌。

その頂点に君臨する、編集長のAnna Wintour。

『ファッションが教えてくれること』は、そんなAnna Wintourや、その周りの人たちの仕事に迫るドキュメンタリー映画です。

スポンサーリンク

 

1にコダワリ。2にコダワリ。3にコダワリ。

よく、「ファッションの流行なんて、どうせどこかの編集部で偉い人が決めてるだけのものだ」と言われるのを聞きます。

それは事実です。

Annaが顔を出すと、デザイナーたちは必死で新作をアピールして、VOGUE誌に載せてもらおうとします。そして、最終的には、VOGUE誌の編集長であるAnnaによって、どの写真を使うかが決まり、その年の流行が決まるのです。

ただ、この映画を見ると、「どこかの誰かが勝手に決めた流行」のイメージはだいぶ変わってきます。

「どこかの誰かが勝手に決めた流行」と言葉が使われるとき、それは「どこかの誰かが勝手に決めた流行」だから「しょうもない」というネガティブな文脈が使われることが多いでしょう。

この映画では、そんな「どこかの誰か」であるAnnaやその周りの人たちが、どのようにして「勝手に流行を決めているか」が描かれています。

それでは、どのようにして流行は作られていくのでしょうか。

お金でしょうか。

会議でしょうか。

ひらめきでしょうか。

いいえ、違います。

Annaやその周りの人たちは、コダワリにコダワリ尽くして、その年に雑誌でプッシュするものや使う写真を準備し、選び抜くのです。

それは色であったり、素材であったり、シルエットであったり、飾りであったり。とにかく1から10までがコダワリなのです。

そのコダワリの強さ、深さを見ているうちに、「これだけコダワリ尽くしてる人が流行を決めているなら、この人たちに任せて良いのではないか」と思えてくるはずです。

「このコダワリが異常に強い”どこかの誰かたち”に流行つくりは任せよう」といった具合に、”作られた流行”というものをポジティブに捉えられるようになるのではないでしょうか。

 

本気で撮影したお気に入りの写真が、あっさりと雑誌からはずされる

Annaは絶対的な権限を持っています。

周りのみんなが気持ちを込めて、考え、選んだ服で、本気の撮影をしてきた写真も、Annaが気に入らなければ、あっさりと外されてしまい、雑誌には載らないのです。

凄い世界だなぁと思います。

 

というわけで

HULUでたまたま目について見てみたのですが、ファッションに疎い僕でも楽しめたので、ファッションが好きな方は見てみるとおもしろいと思います!

★さらにヒップホップを楽しむなら...
洋楽ラップを10倍楽しむ、歌詞解読ノート

  関連記事

『ヘルタースケルター』:蜷川実花の”美の追求”への意地が詰まった作品だった!

※このレビューはネタバレを含みます。   原作と正反対を描いた蜷川実花がおもしろい 美の追求を力強く […]

集めてみた!TYLER THE CREATOR率いるGOLF WANGのアメリカン・ポップなフライヤー集。

Tyler the CreatorのFacebookページを眺めてたら、すごくビビッドな色使いのポップなフライ […]

映画『ANNIE(アニー)』が開始1分から最高だった

僕は感動系のヒット映画にあまりフィールしないことが多いんですね。 『アナと雪の女王』も、曲が良いのとかは分かっ […]

ティム・バートン風にポケモンを描いたシリーズが面白い。

Pinterestを漁っていたら、ティム・バートン風にポケモンを描いたシリーズがあって、おもしろかったので紹介 […]

アーティストの今と昔を比べれば練習と努力の重要さが一目瞭然という記事が面白かったので、ラップも比べてみた!

突然ですが、こちらの画像を見てください。 こちらは、先ほどFacebookのタイムラインに流れてきた『人は努力 […]

映画『LUCY』。最初のチーターの映像で薄々と気付いてはいたけど、、、

そう、これは高度なギャグ映画やったんや!   インディアンとか出てくるし。。 はぁ。。

『キック・アス』のマシュー・ヴォーン監督が手掛けた新作スパイ映画『キングスマン』を見ました

映画『キングスマン』を見ました。   『キングスマン』は、『キック・アス』のマシュー・ヴォーン監督が […]

「色を明るくすることで、人の感情も明るくしたい」。ファレル・ウィリアムズの”色”へのこだわり。

ダクラ社CEO・クレイグ・ロビンス氏、ファレル・ウィリアムスとの対話(元の動画はこちら)   色を明 […]

『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』はこうして出来た!ティム・バートンが絵を見せながらストーリーを話し、ダニー・エルフマンが音楽をあわせて作曲。

今月から六本木ヒルズタワーで「ティム・バートンの世界」という展覧会が始まったということで、今月号の美術手帳はテ […]

友達に激推しされて見た『海の上のピアニスト』の、ぜひ味わってほしい3場面。

『海の上のピアニスト』という映画を、絶対に好きなはずだと友達に勧められたので見てみました。 あるピアニストの半 […]

PAGE TOP ↑