マックルモアとは【おすすめ曲・アルバム・歌詞・和訳など】

ヒップホップのラッパー紹介

sponcered by







ヒップホップ・アーティスト一覧

ヒップホップ・アーティストの一覧

2021年4月27日

マックルモア(Macklemore)

マックルモア (Macklemore、1983年6月19日 – )は、ワシントン州シアトル出身のラッパーです。

2000年頃からミックステープのリリースを続け、アンダーグラウンドでの人気を獲得していましたが、2012年に「古着屋に安くて良い服を発掘しにいく」というテーマの曲「Thriftshop」が大ヒット。羽振りの良さを見せびらかしてナンボのヒップホップにおいて、ラッパーらしからぬ身近なスタイルが話題となり、メインストリームでもブレイクしました。

ブレイクしていた2011年〜2016年頃は、ライアン・ルーイスというプロデューサーとタッグを組んで「マックルモア&ライアン・ルーイス」名義で活動していました。

また、マックルモアは白人のラッパーですがコンシャスな曲も多く、ドラッグ中毒に関する曲(本人も過去にオピオイド中毒でした)、同性愛に関する曲、白人が優遇される音楽業界についての曲など、社会的なテーマを幅広く扱うリリシストです。

第56回のグラミー賞では、最優秀新人賞、ラップ楽曲賞、ラップ・アルバム賞、ラップ・パフォーマンス賞と、4つも賞を獲得しました。しかし、同年のグラミー賞にはコンシャス・ヒップホップの傑作とされるケンドリック・ラマーの『Good Kid M.a.a.d. City』もノミネートされており、ヒップホップ・コミュニティはそちらが受賞することを期待していたため、グラミー賞が白人アーティストを優遇したという批判が集まり、マックルモア自身も「ケンドリックがもらうはずだった賞を盗んでしまったような気分だ」と発言しています。

written by @raq_reezy

マックルモアの名曲・おすすめヒット曲

Thrift Shop feat. Wanz

Can’t Hold Us feat. Ray Dalton

Same Love feat. Mary Lambert

Downtown

Marmalade feat. Lil Yachty

Wings

Glorious feat. Skylar Grey

And We Danced

Kevin feat. Leon Bridges

マックルモアのおすすめライブ動画

Tiny Desk Concert

Radio 1’s Big Weekend

マックルモアのアルバム・ディスコグラフィ

  • The Language of My World(2005)
  • The Heist(2012)
  • This Unruly Mess I’ve Made(2016)
  • Gemini(2017)

マックルモアの歌詞・和訳

  • 準備中

マックルモアの関連記事

関連記事

  • なし

ヒップホップ・ミュージックのアーティストに戻る

ヒップホップのトップに戻る

ヒップホップの教科書

ヒップホップ(HIPHOP)の教科書

2021年4月6日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です