ヒップホップ用語:ラッパーとは

sponcered by







ラッパーとは

ラッパーとは、ラップをするアーティストのことです。

そもそもは、ブロックパーティーにおいて、DJが音楽を掛けている横で、マイクを握ってパーティーを盛り上げたMCがその起源です。単なるパーティーのMCから、徐々にを踏んだラップをパフォーマンスするようになっていきました。

そのため、オールドスクールミドルスクールなどのヒップホップ初期のクルーは、グランドマスターフラッシュ&ザ・フューリアス・ファイブや、エリックB&ラキムなど、DJの名前のほうが先にくることが多いです。つまり、DJありきだったということです。

やがて、ラップがレコーディングされて音源として販売・流通されるようになっていくと、ラッパーが売れっ子となっていくようになります。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップ・ミュージックのラップとは

ヒップホップの歌唱表現「ラップ」とは。韻やフロウも解説。

2021年4月8日

関連商品・書籍

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • なし

関連用語

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by