ヒップホップ用語:クリップスとは

sponcered by







クリップスとは

クリップスとは、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点として、全米に広がったカラーギャングのチームを指します。

1970年頃に、レイモンド・ワシントン、スタンリー・ウィリアムズ、マック・トーマスらによって結成されました。特徴としては、青色のバンダナやキャップ、Tシャツなど、青いものを身に着けるというものがあります。これがカラーギャングと呼ばれる由縁です。

クリップスは、著しい速度で拡大したため、それに対抗するために他のギャングが組織化してブラッズが生まれました。ブラッズは赤色のものを身につけており、クリップスとブラッズは全米で抗争を繰り広げています。ブラッズとクリップスは、1980年代になるとクラックブームに乗って、さらに勢力を拡大していきました。

ロサンゼルスを中心とするウェストコースト(西海岸)では、こうしたカラーギャングの文化が根強かったため、カラーギャングの世界観をリリックに取り入れたギャングスタラップが誕生しました。

なお、ラッパーの中にはギャング出身者も多く、クリップス出身のラッパーとしては、アイス・Tアイス・キューブスヌープ・ドッグニプシー・ハッスルなどがあげられます。

written by @raq_reezy

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップの歴史

ヒップホップの歴史をわかりやすく解説。おすすめの本や映画も紹介。

2021年4月6日

関連用語

関連アーティスト

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by