M&A用語:分社型分割とは

M&A用語集

sponcered by







分社型分割とは

分社型分割とは、ストラクチャーの一種である会社分割において、その対価が分割会社に割り当てられる場合を指します。対価が分割会社の株主に直接割り当てられる場合は、分割型分割といいます。

持株会社をつくりたい場合などには、分割会社に株を持たせたいので、分社型分割が適しています。例えば、新設分割を行い、対価として新設会社の株式を分割会社に割り当てることで、一部の事業を子会社化して、持株会社体制に移行することができます。

一方で例えば、分割会社から一部の事業をスピンアウトする場合などは、スピンアウトされた会社の株を持ち続けたいかどうかは、分割会社の株主が個々に判断するのが望ましいと考えられます。そうした場合には、分社型分割ではなく、分割型分割を選択するのが適切だということになります。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!