M&A用語:簿外債務(潜脱債務)とは

M&A用語集

sponcered by







簿外債務(潜脱債務)とは

簿外債務(潜脱債務)とは、バランスシート(貸借対照表)には載っていない債務を指します。

具体的には、以下のようなものが、簿外債務として存在している場合があります。

  • 未払いの残業代
  • 買掛金
  • 債務保証
  • リース債務
  • 未払いの社会保険金
  • 賞与の引当金
  • 退職給付の引当金
  • 訴訟による損害賠償等

簿外債務が存在する場合は、バリュエーションにも影響を与えることから、財務DD法務DDなどのデューデリジェンスを通じて、簿外債務が存在しないかどうかを確認します。

訴訟の損害賠償等については、まだ金額が決定していない偶発債務である場合もあります。そのときは、ディスクロージャー・スケジュールによって通常の補償の範囲とは区別して、特別補償の項目を契約書に設けるなどして対応します。

written by @raq_reezy

関連記事

M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!