M&A用語:新株予約権付社債とは

M&A用語集

sponcered by







新株予約権付社債とは

新株予約権付社債とは、発行会社の株式を一定の価格で取得できる権利(新株予約権)の付与された社債を指します。転換社債やワラント債と呼ばれているものも、法律上の扱いは新株予約権付社債です。

クーポンが得られる債券でありながら株式の値上がり益も得られる場合があること、行使条件によっては投資時に対象企業のバリュエーションを決めなくてもよいことなどから、スタートアップ投資においても頻繁に用いられています。

M&Aにおいては、新株予約権(ストックオプション)と同様に潜在的な株式となるため、株式譲渡株式交換株式移転で対象企業を完全子会社としたい場合や、合併などによって対象企業が消滅会社となる場合には、その取り扱いが問題となります。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日
M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!