M&A用語:株式交換とは

M&A用語集

sponcered by







株式交換とは

株式交換とは、対象会社の株主(売主)に対して、買主の株式等を割り当てることを指します。M&Aにおけるストラクチャーの一種で、組織再編行為でもあります。

株式交換を行うと、対象会社は買主の完全子会社となります。言い換えると、買主は対象会社の完全親会社となります。

株式譲渡と違って、買主が現金を用意する必要がない点がメリットです。また、買主が実際に保有している現金に対して、株価のバリュエーションが高くついていると、現金を用いて買収するよりも、株式交換を行う方が望ましい場合があります。

組織再編行為であるため、債権者保護手続きが求められる場合もあります。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!