M&A用語:債権者保護手続きとは

M&A用語集

sponcered by







債権者保護手続きとは

債権者保護手続きとは、組織再編行為が行われる場合に、一定の異議申し立て期間を設けるなど、対象企業の債権者を保護するための仕組み・制度です。

合併会社分割など、当時会社の法人格や財産に変動が生じる場合に加えて、株式移転株式交換などにおいても債権者の利害に大きな影響を及ぼす場合は、債権者保護手続きが必要とされます。

具体的には、事前に官報に公告を行うか個別に催告し、債権者が異議を申し立てることのできる期間を設けます。異議があった場合には、例えば、吸収合併の消滅会社等は異議を申し立てた債権者に対して、弁済もしくは相当の担保を提供する必要があります。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日
M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!