M&A用語:適格組織再編とは

M&A用語集

sponcered by







適格組織再編とは

適格組織再編とは、組織再編行為のうち、組織再編税制に定められた税制適格要件を満たすものを指します。

まず、組織再編行為には合併会社分割株式交換株式移転の4つのストラクチャーがあります。

例えば、吸収合併の場合には、従業員引継要件、事業継続要件、事業関連性要件、事業規模要件、特定役員引継要件、株式継続保有要件などを満たせば、適格合併となり、譲渡益に対する課税が繰延られるほか、消滅会社の繰越欠損金を引き継ぐことができます。繰越欠損金の引き継ぎ等のタックスメリットは、みなし共同事業要件を満たす場合などにも受けられます。

こうしたタックスメリットが得られるようにストラクチャー等を検討することをタックスプランニングといいます。

written by @raq_reezy

関連記事

M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!