M&A用語:繰越欠損金とは

M&A用語集

sponcered by







繰越欠損金とは

繰越欠損金とは、課税所得がマイナスとなり税務上の欠損金が生じた場合に、それを翌期以降に繰り越したものです。

M&Aにおいては、適格合併などの適格組織再編であれば、組織再編税制タックスメリットを受けて、繰越欠損金を存続会社に引き継ぐことができる可能性があります。

例えば、消滅会社と存続会社が完全支配関係にあり、株式継続保有要件などが満たされる場合などがあげられます。

written by @raq_reezy

関連記事

M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!