M&A用語:マーケットアプローチとは

M&A用語集

sponcered by







マーケットアプローチとは

マーケットアプローチとは、上場している同業他社や類似取引事例などを参考にしてバリュエーションを決定する方法を指します。

具体的な方法としては、類似事業を行っている上場企業のバリュエーションを参考にする市場株価法や類似上場会社法、類似取引事例を参考にする類似取引法などがあります。

以下のような場合には、マーケットアプローチが優れています。

  • 対象会社が売上はあるけれど利益は出ていない場合(インカムアプローチが採用できないが、類似企業のバリュエーションと売上などを参考にバリュエーションを出すことができる)
  • インカムアプローチ等の他の方法では、買主と売主が合意しているバリュエーションの数値感を正当化できない場合

一方、事業の継続性に疑義がある場合には、インカムアプローチ同様、あまり適した手法とはいえません。その場合には、ネットアセットアプローチなどを取ることとなります。

written by @raq_reezy

関連記事

M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!