M&A用語:善管注意義務とは

M&A用語集

sponcered by







善管注意義務とは

善管注意義務とは、取締役や代表取締役などの経営者が常識的に払うべき注意義務を指し、会社法や民法に規定されています。

善管注意とは「善良な管理者の注意」の略であり「義務者の属する職業や社会的・経済的地位において、取引上で抽象的な平均人として一般的に要求される注意」を意味します。取締役等が善管注意義務に違反して会社に損害が発生した場合、会社や株主は当該取締役等に対して損害賠償を求めることができます。

しかし、経営判断の過ちに対して損害賠償などが求められると経営陣が萎縮することから、善管注意義務は平成10年8月31日の東京高裁判決によると「判断の前提となった事実の認識に重要かつ不注意な誤りがあり、意思決定の過程・内容が企業経営者として著しく不合理、不適切であった」場合にその違反が認められるとされており、適切に事実を認識していることが重要となります。

M&Aにおいては、対象企業に瑕疵や問題点がないかデューデリジェンスを行って把握に努め、瑕疵があった場合にはクロージングの前提条件等として治癒を求めますが、そもそも限られた期間で対象企業のすべてを調べ切れるわけではありません。そこで、売主側に表明保証を求めて、表明保証違反があった場合には売主に損害賠償を請求できるようにする等の手法がとられます。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日
M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!