M&A用語:中核事業とは

M&A用語集

sponcered by







中核事業とは

中核事業とは、対象会社の営む事業のうち、売上や利益、成長等への貢献度が高い事業を指します。

事業会社においては、中核事業をさらに成長させるために、ノンコア事業を処分して、人やお金などの経営リソースを中核事業に集中させようという判断をする場合があります。そうした場合には、事業譲渡会社分割を通じて、ノンコア事業が売却されるのが一般的です。

ノンコア事業の売却においては、プライベート・エクイティなどが受け皿となります。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日
M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!