M&A用語:ガンジャンピングとは

M&A用語集

sponcered by







ガンジャンピングとは

ガンジャンピングとは、M&A(株式譲渡合併など)のクロージング完了前に当事者が行なってはいけない行為を指します。

例えば、同業の会社間における経営統合案件のように、もともと対象会社と買主が競合関係にある場合、デューデリジェンスにおいて製品の販売価格や数量等のセンシティブな情報を開示することは、カルテルや企業結合規制の潜脱等であると疑われる可能性があります。

ビジネスDDマネジメントインタビュー実務担当者インタビュー等、センシティブな情報が開示される可能性のある場面にあたっては、ガンジャンピング行為に該当しないよう注意が必要です。

M&Aの規模によっては、マージャーファイリング(企業結合届出)などを行う必要がある場合もあることから、法務DDを担当する法務チームとは別途に、独占禁止法対応を行うチームを編成して対応することが効率的な手段です。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日
M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!