M&A用語:偶発債務とは

M&A用語集

sponcered by







偶発債務とは

偶発債務とは、現時点では債務として確定していないが将来債務となる可能性のある事柄を指します。

例えば、M&Aの対象企業が裁判中であり、裁判の結果次第では損害賠償を求められる可能性がある場合、これは偶発債務に該当します。

債務として確定していればバリュエーションに反映させることができますが、偶発債務の状態では、不確定要素が多いため、バリュエーションに反映させることが難しいのが一般的です。そのため、デューデリジェンスなどを通じて偶発債務を認識した場合には、表明保証誓約事項への違反等の一般的な補償条項とは別に偶発債務についての特別補償の条項を定めておいて、偶発債務が確定した際には売主側にその金銭的な補償を求めるという運用がなされます。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日
M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!