M&A用語:全部取得条項付種類株式とは

M&A用語集

sponcered by







全部取得条項付種類株式とは

全部取得条項付種類株式とは、会社がすべての株式を株主総会特別決議で取得できる条項のある種類株式を指します。

取得の対価の内容やその数、取得日等の条件を定めて、株主総会の特別決議で決議すれば、会社はすべての株式をその条件で取得することができます。このとき、条件が不満な株主は裁判所に対して、取得価格の決定の申立てをすることができます。

会社の株主を支配株主だけにするために、少数株主に金銭などを交付して株を買い取ることをスクイーズアウト(キャッシュアウト)と呼びますが、全部取得条項付種類株式の取得もスクイーズアウトの手法として一般的です。

具体的には、株主総会において、種類株式発行会社への変更および全ての株式に全部取得条項を付す旨の定款変更を決議し、それに基づいて全部取得条項の条件および発動を決議します。

スクイーズアウトの方法としては、他にも株式併合や現金交付の組織再編、株式等売渡請求などがあります。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日
M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

  • スクイーズアウト(キャッシュアウト)
  • 株主総会
  • 特別決議
  • 株式併合
  • 株式等売渡請求

M&A用語一覧に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!