M&A用語:株主総会とは

M&A用語集

sponcered by







株主総会とは

株主総会は、株式会社の運営に関する重要事項を決定するための場で、株主の投票によって決議が議決されます。

株主総会において行われる決議には、以下のようなものがあります。

  1. 普通決議:
    役員の選任・解任、決算の承認などを行う場合に必要。議決権の過半数を保有する株主が出席して、そのうち過半数が賛成すると決議が可決される。
  2. 特別決議
    定款変更、事業譲渡合併、特に有利な払込金額や条件による募集株式および新株予約権の発行、全部取得条項付種類株式の取得や株式併合などを行う場合に必要。議決権の過半数を保有する株主が出席して、そのうち3分の2が賛成すると決議が可決される。
  3. 特殊決議:
    定款変更や組織再編行為によって株式が譲渡制限株式に変わる場合、つまりMBOなど上場会社が非公開化する場合などに必要。全株主の過半数が出席して、そのうち内容に応じて、3分の2あるいは4分の3が賛成すると決議が可決される。

M&Aにおいても、事業譲渡や合併などを行うためには対象企業の株主総会開催が必要な場合があったり、もしくはポストクロージングにおいて株主総会を開いて、買主側の選ぶ取締役を選任したりといった場合に、株主総会が必要になります。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日
M&A案件の手順やプロセスの流れをステップ別にわかりやすく解説

M&A案件実務の手順やプロセスの流れをステップ別に解説

2022年2月7日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!