M&A用語:吸収分割とは

M&A用語集

sponcered by







吸収分割とは

吸収分割とは、ストラクチャーの一種である会社分割において、承継会社が既存の会社である場合を指します。逆に、承継会社が新たに設立された新設会社の場合は、新設分割と呼ばれます。

新設分割と比較した場合、吸収分割のメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 承継会社が、会社分割の対価として株式を発行すれば、あまり現金を用意する必要がない
  • 税制適格要件を満たす場合、承継会社はタックスメリットを得られる
  • 承継会社との間でシナジーを発揮することができる

一方で、まったく新しい器(企業)に分割部分を移せばよい新設分割と比べて、既存の企業に統合するため、現場レベルでの混乱が起きやすいなどのデメリットがあります。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!