DTM・宅録用語:ディケイ・タイムとは

DTM・宅録用語集

sponcered by







ディケイ・タイムとは

一般的にディケイ・タイムとは、ボーカルが発音してから音が消えてなくなるまでの減衰時間を表します。DTMや宅録においては、リバーブというプラグインのパラメーターのひとつで、残響音がなくなるまでの時間を表します。

ディケイ・タイムを長く設定すると、リバーブが長い時間にわたって鳴ります。逆に、ディケイ・タイムを短く設定すると、リバーブは短い間だけ鳴ります。

ディケイ・タイムを長く設定すると音が響きやすい空間(コンサートホールなど)、ディケイ・タイムを短く設定すると音が響きにくい空間(部屋など)を連想させる音に仕上がります。

言葉の響きが似ていますが、ディレイ・タイムとは別物です。

written by @raq_reezy

関連記事

リバーブとディレイとは?使い方やおすすめ設定・プラグインも解説【宅録ボーカルミックス】

リバーブとディレイとは?使い方やおすすめ設定・プラグインも解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月23日
宅録・歌ってみたの始め方

【入門】宅録暦11年が解説!宅録のやり方・始め方・必要機材

2021年4月8日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です