DTM・宅録用語:リバーブとは

DTM・宅録用語集

sponcered by







リバーブとは

DTMにおけるリバーブとは、元の音に残響音を付与する空間系エフェクトプラグインのことです。

残響音は、その音が鳴る環境によって、響きや長さが違います。例えば、ふとんの中で歌うのと、お風呂で歌うのでは、残響音は全然違いますよね。

昔は、歌う環境を変えたり、鉄板を使って残響音を生み出すプレート・リバーブやバネを用いて残響音を生み出すスプリング・リバーブなどの機材が用いられましたが、現在はミックス時にDAW上でリバーブのプラグインを設定することで、そのような残響音をデジタルに付与することができます。

リバーブのパラメーターを簡単に説明すると、残響音の長さをディケイ・タイム、残響音が鳴っている部屋の大きさをサイズ、また元々の音と残響音を付与した音を混ぜる割合をドライ / ウェットといいます。

written by @raq_reezy

関連記事

リバーブとディレイとは?使い方やおすすめ設定・プラグインも解説【宅録ボーカルミックス】

リバーブとディレイとは?使い方やおすすめ設定・プラグインも解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月23日
宅録・歌ってみたの始め方

【入門】宅録暦11年が解説!宅録のやり方・始め方・必要機材

2021年4月8日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です