DTM・宅録用語:ウェットとは

DTM・宅録用語集

sponcered by







ウェットとは

ウェットとは、ドライと対になる概念として、主にリバーブなどの空間系エフェクトプラグインで設定が必要なパラメーターです。エフェクトをほどこした音が全体に占める割合を指します。

例えば、あるリバーブのパラメーター設定において、ドライを70%、ウェットを30%に設定すると、そのリバーブが掛かる前の元の音が70%、リバーブの掛かった音が30%という割合でミックスされた音が出力されます。

written by @raq_reezy

関連記事

リバーブとディレイとは?使い方やおすすめ設定・プラグインも解説【宅録ボーカルミックス】

リバーブとディレイとは?使い方やおすすめ設定・プラグインも解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月23日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です