DTM・宅録用語:中音域とは

DTM・宅録用語集

sponcered by







中音域とは

中音域とは、音域(周波数帯域)にして、ざっくり250Hzあたりから4KHzあたりまでの範囲を指します。

厳密には、250Hz〜500Hzあたりは低中音域、500Hz〜2KHzあたりが中音域、2KHz〜4KHzあたりが中高音域となります。この辺りの音域は、いずれも人間のボーカルが鳴っている領域です。また、楽器のメロディなども多くがこの範囲でなっています。

イコライザー(EQ)を用いてボーカルのアカペラミックスするときには、人によって声の高さが違うため、一概には言えませんが、250Hz〜500Hzあたりは少し曇りやすいのでボリュームを下げて、2KHz〜4KHzあたりは声のクリアな部分なので少しボリュームを持ち上げてあげると、ボーカルが綺麗になりやすいです。

written by @raq_reezy

関連記事

イコライザーとは?使い方やおすすめ設定も解説【宅録ボーカルミックス】

イコライザーとは?使い方やおすすめ設定も解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月20日
宅録・歌ってみたの始め方

【入門】宅録暦11年が解説!宅録のやり方・始め方・必要機材

2021年4月8日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です