DTM・宅録用語:音域(周波数帯域)とは

DTM・宅録用語集

sponcered by







音域(周波数帯域)とは

音域(周波数帯域)とは、特定の音の高さの範囲を表します。

音の高さは周波数で表すことができます。例えば、周波数で250Hz以下は低音域、250Hz〜4KHz(= 4,000Hz)あたりは中音域、4KHz以上は高音域といったイメージです。

音域の一覧

DAWソフトにはイコライザーというプラグインがあり、「低音域だけ音量を下げる」あるいは「高音域だけ音量を上げる」といったように、各音域ごとにボリュームを調整することができます。

イコライザーは、ミックスの仕上がりに大きな影響を与える重要な作業です。

written by @raq_reezy

関連記事

イコライザーとは?使い方やおすすめ設定も解説【宅録ボーカルミックス】

イコライザーとは?使い方やおすすめ設定も解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月20日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です