DTM・宅録用語:アカペラとは

DTM・宅録用語集

sponcered by







アカペラとは

アカペラとは、ボーカルだけのデータを指します。

DTMでボーカル入りの曲を作る場合、インスト音源(トラック)とボーカルをそれぞれミックスする必要がありますが、このときボーカル側のファイルをアカペラといいます。アカペラは、ミックス前のものを指す場合も、ミックス後のものを指す場合もあります。

例えば、「レコーディングしたアカペラを送ってください」と言われたら、ミックス前のものを指します。一方で、アーティストが「アカペラを公開します!」という場合はミックス後のものを指します。

written by @raq_reezy

関連記事

宅録・歌ってみたの始め方

【入門】宅録暦11年が解説!宅録のやり方・始め方・必要機材

2021年4月8日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です