DTM・宅録用語:リミッターとは

DTM・宅録用語集

sponcered by







リミッターとは

リミッターとは、コンプレッサーのような音量圧縮系のプラグインの一種です。

コンプレッサーが、スレッショルド(閾値)を超えた音を、アタックで設定した時間に応じて、一定の比率で緩やかに圧縮していくのに対して、リミッターは設定したスレッショルドを超えた音量をただちにスレッショルドの値まで圧縮します。

言い換えると、リミッターを設定すると、すべての音量は最大でもスレッショルドで設定した値までになるということです。

音量を圧縮するにあたっては、コンプレッサーの方が柔軟性もありナチュラルに圧縮できるため、ダイナミックレンジを狭めるといった用途のときは基本的にはコンプレッサーが利用されることが多いですが、コンプレッサーで圧縮しきれなかった部分で音割れが生じないように保険としてリミッターを掛けておくといった使われ方をされることもあります。

例えば、マスタリング時には積極的に音圧を稼ぐ(参照:音圧戦争)ということが行われるので、その際に音が割れないようにリミッターを保険的に掛けておくことが多いです。

written by @raq_reezy

関連記事

宅録・歌ってみたの始め方

【入門】宅録暦11年が解説!宅録のやり方・始め方・必要機材

2021年4月8日
コンプレッサー(音響機器)とは?仕組みとおすすめの使い方を解説【宅録ボーカルミックス】

コンプレッサー(音響)とは?仕組み・パラメーター・使い方を解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月21日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です