DTM・宅録用語:音圧とは

DTM・宅録用語集

sponcered by







音圧とは

DTMにおける音圧とは、リスナーが曲を聴いたときの音の大きさを指します。

音圧を上げすぎると、曲中の抑揚が失われるというデメリットがある一方で、ラジオや公共空間などで音楽が掛かったときに、音が大きい方が他の曲と比べて目立つというメリットがあります。また、音が大きい曲の方が音質が良いと錯覚しやすいこともあり、ミックスマスタリングにおいて、とにかく音圧を上げるということが音楽業界で流行しました(音圧戦争)。

曲全体の音圧を上げるには、コンプレッサーなどを利用して、曲中の音が大きい部分の音量を抑えつつ、ゲインで全体の音量を底上げしていくという作業を行います。

written by @raq_reezy

関連記事

コンプレッサー(音響機器)とは?仕組みとおすすめの使い方を解説【宅録ボーカルミックス】

コンプレッサー(音響)とは?仕組み・パラメーター・使い方を解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月21日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です