DTM・宅録用語:コンプレッサーとは

DTM・宅録用語集

sponcered by







コンプレッサーとは

コンプレッサーとは、ミックス時などに使用される、音を圧縮するプラグインです。

具体的には、一定のスレッショルド(閾値)以上の音が鳴ったときに、その音をあらかじめ設定されたレシオ(比率)とアタック(スピード)で圧縮します。

大きな音を圧縮するメリットは、その分、全体の音量を上げられることです。大きな音を圧縮せずに全体の音量を上げると、音の大きな部分が割れてしまいます。そこで、音の大きな部分をコンプレッサーで抑えつつ、全体の音量(ゲイン)を上げることで、音割れを防ぎながら、音を大きくすることができます。マスタリングなどで音圧を稼ぐ際にも使用されます。

一方で、コンプレッサーを掛けすぎると、音から抑揚が失われて、フラットな表現になってしまうため、音の抑揚(大小)を表現したいときは慎重に掛ける必要があります。

written by @raq_reezy

関連記事

コンプレッサー(音響機器)とは?仕組みとおすすめの使い方を解説【宅録ボーカルミックス】

コンプレッサー(音響)とは?仕組み・パラメーター・使い方を解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月21日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です