DTM・宅録用語:スプリング・リバーブとは

DTM・宅録用語集

sponcered by







スプリング・リバーブとは

スプリング・リバーブとは、空間系エフェクトであるリバーブの一種です。

音を振動させるために、バネを用いて残響音を増幅させる仕組みで動きます。かつては、カラオケ機材などにも使用されていました。独特の共振特性があるため、バネ臭いと評されることもあります。

なお、DAWソフトプラグイン等にあるスプリング・リバーブは、こうしたハードウェア機材によるリバーブの響きをデジタルな設定で表現したもので、当たり前ですが、実際にバネで音を増幅させているわけではありません。

スプリング・リバーブに対して、鉄板で残響音を増幅させるものをプレート・リバーブといいます。

written by @raq_reezy

関連記事

リバーブとディレイとは?使い方やおすすめ設定・プラグインも解説【宅録ボーカルミックス】

リバーブとディレイとは?使い方やおすすめ設定・プラグインも解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月23日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です