DTM・宅録用語:リダクションとは

DTM・宅録用語集

sponcered by







リダクションとは

リダクションとは、ノイズゲートディエッサーなどのプラグインで設定するパラメーターのひとつで、どのくらい音量を下げるかという値を表します。

ノイズゲートは、ノイズは基本的に小さな音で入っていることを利用して、スレッショルド値以下の音の音量をさらに下げることでノイズを取り除くプラグインです。また、ディエッサーはフリークエンシー値やレンジ値で設定した音域(基本的には超高音域)の音量を下げることで、ボーカルアカペラから歯擦音を取り除くプラグインです。

これらのプラグインは、いずれも特定の領域の音量を下げるというプラグインであるため、どのくらい音量を下げるかということをリダクションで設定します。実際のミックス時には、リダクションを大きくするほど、ガッツリとノイズや歯擦音が取り除かれますが、やりすぎると不自然な音になります。

written by @raq_reezy

関連記事

ノイズゲート(ノイズ除去プラグイン)とは?おすすめの使い方も解説【宅録ボーカルミックス】

ノイズゲート(ノイズ除去プラグイン)とは?おすすめの使い方も解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月21日
ディエッサーとは?おすすめの使い方も解説【宅録ボーカルミックス】

ディエッサーとは?おすすめの使い方も解説【宅録ボーカルミックス】

2021年7月22日
宅録・歌ってみたの始め方

【入門】宅録暦11年が解説!宅録のやり方・始め方・必要機材

2021年4月8日

関連用語

DTM・宅録用語集に戻る

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です