ジュース・ワールドのおすすめ曲・アルバム・歌詞・和訳など

ヒップホップのラッパー紹介

sponcered by







ヒップホップ・アーティスト一覧

ヒップホップ・アーティストの一覧

2021年4月27日

ジュース・ワールド(Juice WRLD)

ジュース・ワールド(英: Juice Wrld、本名: Jarad Anthony Higgins、1998年12月2日 – 2019年12月8日)は、シカゴ出身のラッパーです。

ジュース・ワールドは、シングルマザーの家庭で育ち、10代前半にはリーンザナックスなどのドラッグを常用していました。

母親の影響で4歳からピアノを習っており、さらにギターやドラムを覚えると、スマートフォンで録音した曲をサウンドクラウドに投稿し始めます。2017年には「Lucid Dreams」が人気を集め、2018年にインタースコープと契約。改めて正式なシングルとしてリリースされた同曲は、Billboard Hot 100で最高2位を記録しました。

オートチューンを使用したメロディアスなラップや内省的なリリックなどに特徴がみられるエモラップというヒップホップのサブジャンルの旗手として注目・期待が集まると、2018年にデビューアルバムをリリース、2019にはセカンドアルバムのほか、フューチャーとのコラボアルバムをリリースするなど精力的に活動していましたが、オピオイドオーバードーズによって若くして亡くなりました。

生前、フューチャーは、ジュース・ワールドがドラッグを使い始めた背景に自身の影響があることを知ってショックを受けたことがあります。また、オーストラリア出身のラッパー 、キッド・ラロイはジュース・ワールドのもとで音楽活動を学び活躍しています。ジュース・ワールドやキッド・ラロイの他にエモラップに括られるラッパーには、リル・ピープXXXテンタシオンなどがいます。

written by @raq_reezy

ジュース・ワールドの名曲・おすすめヒット曲

Lucid Dreams

Robbery

Godzilla featured by Eminem

Bandit feat. NBA Youngboy

Armed & Dangerous

All Girls Are The Same

Righteous

Lean Wit Me

ジュース・ワールドのおすすめライブ動画

Jimmy Kimmel Live!

HIP HOP DNA: The Live Vol.1

ジュース・ワールドのアルバム・ディスコグラフィ

  • Goodbye & Good Riddance (2018年)
  • Wrld on Drugs (with Future) (2018年)
  • Death Race for Love (2019年)

ジュース・ワールドの歌詞・和訳

  • 準備中

ジュース・ワールドの関連記事・用語・アーティスト

関連記事

ヒップホップ(音楽)の種類・サブジャンル

ヒップホップ(音楽)の種類やサブジャンルをわかりやすく解説

2021年4月10日

ヒップホップ・ミュージックのアーティストに戻る

ヒップホップのトップに戻る

ヒップホップの教科書

ヒップホップ(HIPHOP)の教科書

2021年4月6日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です