ジェイZのおすすめ曲・アルバム・歌詞・和訳など

ヒップホップのラッパー紹介

sponcered by







ヒップホップ・アーティスト一覧

ヒップホップ・アーティストの一覧

2021年4月27日

ジェイZ(JAY-Z)

ジェイZの画像

ジェイZの画像(音ハコより)

ジェイZ(JAY-Z、ジェイ・ズィー、本名:ショーン・コーリー・カーター、1969年12月4日 -)は、ニューヨーク州ブルックリン出身のラッパーです。

もともとは、アメリカ東海岸北部全域でコカインドラッグ)の卸売をしていたハスラーでしたが、合法的なビジネスでの成功を志し、若い頃から情熱のあったラップ活動を本格的に開始しました。

最初に契約したレーベルの仕事振りへの不満から、自身でロッカフェラ・レコードを設立すると、当時のギャングスタラップの流行に乗って、ハスラー時代の生活などを描写した傑作デビューアルバム『Reasonable Doubt』をリリースします。盟友ノトーリアスB.I.G.も参加しているこちらのアルバムは大成功します。

ロッカフェラ・レコードの躍進に目をつけたブラック・ミュージックの名門レーベル = デフ・ジャムに株式の過半数を売却して、デフ・ジャムの子会社となると、その後もヒットアルバムを連発。

さらに、自身の音楽活動だけでなく、キャムロンカニエ・ウェストといったアーティストとも契約して、ロッカフェラ・レコードをさらに躍進させました。その功績によって、デフ・ジャム本体のCEOにまで上り詰めると、デフ・ジャムでもリアーナなどのアーティストを発掘して世に送り出しました。

2000年代前半には、同じくニューヨーク出身でリリシストとして高い評価・プロップスのあるナズビーフを繰り広げて、ヒップホップのヘッズたちを盛り上げました。また、カニエ・ウェストに加えて、ティンバランドやスウィズ・ビーツ、ファレル・ウィリアムズといった2000年頃に登場した新世代のプロデューサーたちを積極的に起用したり、UGK(ピンプ・CとバンBによるクルー)などのサウスのラッパーとコラボするなど、ヒップホップの音楽性を積極的に更新していきました。

デフ・ジャムのCEO退任後は、新たにロック・ネイションを設立。カニエ・ウェストやリアーナはこちらに移籍しているほか、Jコールミーク・ミルジェイ・エレクトロニカといった2010年前後に頭角を表した新世代のラッパーたちとも契約しています。

ラッパーとして、長期間に渡って衰えることなく君臨し続けているだけでなく、ファションブランドの「ロカウェア」、音楽ストリーミングサービスの「TIDAL」(ツイッター社に売却済み)、シャンパン会社の「アルマンド」(LVMHに売却済み)など、次々と事業を起こして連続起業家としても大成功しており、ヒップホップ界のゴッド・ファーザーのような存在です。私生活では、ビヨンセと結婚して、3児の父親です。

written by @raq_reezy

ジェイZの名曲・おすすめヒット曲

Empire State Of Mind feat. Alicia Keys

大成功を収めたジェイZによるニューヨーク賛歌「Empire State Of Mind」は、『Blueprint 3』に収録され、ジェイZの新たな代表曲となりました。

Dirt Off Your Shoulder

ティンバランドのプロデュースしたビート、ジェイZのフロウともに癖になる中毒性の高い一曲。

99 Problems

デフ・ジャムの創設者でもあるリック・ルービンによるハードなギターが鳴り響くビートの上で、2バース目では印象に残る、職質をする警官とジェイZの会話調のバースが繰り広げられます。

Izzo(H.O.V.A.)

カニエ・ウェストがプロデューサーとしての活動初期に得意としていた、サンプリング素材のピッチをあげるチップマンクソウルという手法でつくられた気持ちの良いトラックに、ジェイZのイケイケのラップが乗った傑作です。

Big Pimpin’ feat. UGK

ティンバランドによってプロデュースされた粘着質なビートの上で、そうしたビートを得意とするアメリカ南部(サウス)のヒップホップを代表するデュオのUGKを客演に招いた一曲。サウスのヒップホップがさらに全米に広まっていくきっかけにもなりました。

Song Cry

ジャスト・ブレイズがプロデュースしたエモーショナルなビートの上で、「俺は(男だから)涙を流すわけにはいかないので、代わりにこの曲に泣いてもらおう」と歌う、ギャングスタラッパーであるジェイZならではの失恋ソング。

Change Clothes feat. Pharrell

「Happy」の大ヒットで知られる、盟友・名プロデューサーのファレル・ウィリアムズとのおしゃれな一曲。

Ni**s In Paris with Kanye West

弟分であるカニエ・ウェストとの豪勢を極めたコラボアルバム『Watch The Throne』(意訳:王座を見よ)のタイトル通り、「俺らは大成功してパリにいるぜ」という一曲。癖のあるビートをつくる新世代のプロデューサー、ヒット・ボーイの代表作でもあります。

The Story of O.J.

起業家としても大成功しているジェイZが、他のラッパーや成り上がりたちにお金の使い道について説教をする、賛否両論の一曲。

Crazy In Love featured by Biyonce

若かりし頃のジェイZとビヨンセの大ヒットコラボ曲。

ジェイZのおすすめライブ動画

LIVE In Times Square

I Am… WORLD TOUR

ジェイZの関連書籍

訳がやや微妙で読みにくい部分はあるのですが、内容はとてもおもしろいです。

ジェイZのアルバム・ディスコグラフィ

Reasonable Doubt(1996)

In My Lifetime, Vol. 1(1997)

Vol. 2… Hard Knock Life(1998)

Vol. 3… Life and Times of S. Carter(1999)

The Dynasty: Roc La Familia(2000)

The Blueprint(2001)

The Blueprint 2: The Gift & The Curse(2002)

The Black Album(2003)

Kingdom Come(2006)

American Gangster(2007)

The Blueprint 3(2009)

Magna Carta… Holy Grail(2013)

4:44(2017)

ジェイZの歌詞・和訳

  • 準備中

ジェイZの関連記事・用語・アーティスト

関連記事

音楽業界のトップビジネスマン:ジェイZ、初期の成功の舞台裏

2014年1月28日
ヒップホップ(音楽)の種類・サブジャンル

ヒップホップ(音楽)の種類やサブジャンルをわかりやすく解説

2021年4月10日
ヒップホップの歴史

ヒップホップの歴史をわかりやすく解説。おすすめの本や映画も紹介。

2021年4月6日

ヒップホップ・ミュージックのアーティストに戻る

ヒップホップのトップに戻る

ヒップホップの教科書

ヒップホップ(HIPHOP)の教科書

2021年4月6日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です