50セントのおすすめ曲・アルバム・歌詞・和訳など

ヒップホップのラッパー紹介

sponcered by







ヒップホップ・アーティスト一覧

ヒップホップ・アーティストの一覧

2021年4月27日

50セント(50 Cent)

50セント(50 Cent:フィフティー・セント、本名:Curtis James Jackson III、1975年7月6日 – )は、ニューヨーク出身のラッパーです。

ドラッグディーラーのシングルマザーのもとに生まれましたが、8歳のときに母親が殺害されて、祖父母に育てられます。12歳からは自身もドラッグの密売を始め、ストリートの活動に身を染めていきます。

21歳となった1996年に友人の勧めでラップを始めると、1999年にはコロンビアレコーズと契約。シングル「How to Rob」で有名なラッパーから色んなものを奪っていくというフィクションのリリックを書いたところ、ジェイZなどが反応して話題になります。しかし、2000年に9発の銃弾を受けるという銃撃事件が発生。50セントのストリートとの繋がりを嫌気したコロンビアレコーズから契約を破棄されてしまいます。

しかし、50セントは諦めずに、今度はカナダに渡って単独でリリース活動を続けると、ミックステープなどのリリースも積極的に行います。こうした前向きな活動に目をつけたのがエミネムでした。エミネムは、成功のきっかけを掴めずにいた自分をドクター・ドレーが引き上げてくれたように、自分も次のラッパーを引き上げることでヒップホップ・コミュニティに自身の成功を還元したいと考えていました。結果、50セントはエミネムのレーベルであるシェイディ・レコーズと、ドクター・ドレーのアフターマス・エンターテインメントとの共同契約を獲得します。

満を持してリリースされたデビューアルバムの『Get Rich or Die Tryin』は「In Da Club」などのシングルのスマッシュヒットに支えられて1100万枚という圧倒的なセールスを記録。第46回グラミー賞では、最優秀新人賞を含む5部門にノミネートされました。

サードアルバムでは、リリース日がカニエ・ウェストと被ったことでお祭り状態に。硬派なギャングスタラップの50セントと当時はポップスに近いヒップホップを作っていたカニエ・ウェストのスタイルが180度違ったことや、50セントが「セールスで負けたら引退する」とインタビューで話したこと等からも話題となり、リリース当日は2人がリアルタイム出演するテレビ番組が企画されるほどの盛り上がりを見せました。

その後は、音楽活動と並行して俳優活動も行い成功しています。

また、いくつか有名なビーフもあり、50セントがつくったGユニットというクルーのメンバーでもあったゲーム、他にはリック・ロスキャムロンとの間でビーフがありました。リック・ロスとのビーフは訴訟にも発展しています。

written by @raq_reezy

50セントの名曲・おすすめヒット曲

In Da Club

Wanksta

Candy Shop feat. Olivia

21 Questions feat. Nate Dogg

Just A Lil Bit

Many Men (Wish Death)

50セントのおすすめライブ映像

Live at Moscow 2006

BRIT Awards 2004

50セントのアルバム・ディスコグラフィ

  • Get Rich or Die Tryin’(2003)
  • The Massacre(2005)
  • Curtis(2007)
  • Before I Self Destruct(2009)
  • Animal Ambition(2014)

50セントの歌詞・和訳

  • 準備中

50セントの関連記事・用語・アーティスト

関連記事

  • なし

ヒップホップ・ミュージックのアーティストに戻る

ヒップホップのトップに戻る

ヒップホップの教科書

ヒップホップ(HIPHOP)の教科書

2021年4月6日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です