ノトーリアス B.I.G.のおすすめ名曲・アルバム・歌詞・和訳など

ヒップホップのラッパー紹介

sponcered by







ヒップホップ・アーティスト一覧

ヒップホップ・アーティストの一覧

2021年4月27日

ノトーリアス B.I.G.(Notorious B.I.G.)

ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.、1972年5月21日 – 1997年3月9日)は、ニューヨーク出身のラッパー。1990年代のアメリカ東海岸(イーストコースト)ギャングスタラップを代表するMCです。

1980年代のコカインブームの中で育ったノトーリアス B.I.G.(以下、ビギー)は、17歳頃からストリートの世界に染まり、ドラッグ・ディーラーとしてクラックコカインを売るようになりました。同時にラップのスキルも磨き続け、街角でフリースタイルをする様子が映像に収められています。

ヒップホップ雑誌『The Source』の新人紹介コーナーに取り上げられたことがきっかけで、バッドボーイ・エンターテイメントというレーベルを設立していたショーン・コムズに見出されて契約すると、1994年にデビューアルバム『レディ・トゥ・ダイ』をリリース。当時、アメリカ東海岸のヒップホップは、カラーギャング文化を取り込んだアメリカ西海岸のギャングスタラップに押されていましたが、そうした中でマフィア映画の世界観などを取り込んだ東海岸流のギャングスタラップを打ち出した名作として知られています。その後にリル・キムやジェイZといったアーティストが続いたことで、東海岸のギャングスタラップも盛り上がりをみせました。

しかし、東海岸のギャングスタラップの顔役となってしまったことで、メディアなどが煽る東西抗争ビーフに巻き込まれてしまいます。西海岸のギャングスタラップの顔役であったデス・ロウ・レコーズ2パックとは「売れたければ、女性向けの曲を作れ」とアドバイスされるなど親交がありましたが、2パックが何者かに銃撃された際にビギーを疑ったことで関係が悪化。東西抗争が激化してしまいます。

1996年に2パックが銃撃されて亡くなると、翌年の1997年、ロサンゼルスでヒップホップ雑誌『VIBE』が主催したパーティーに出席した際に、帰路で何者かに銃撃され、亡くなりました。ビギーの死後は、その高校時代からの友人でもあったジェイZがニューヨークのヒップホップを牽引していくこととなります。

written by @raq_reezy

ノトーリアス B.I.G.の名曲・おすすめヒット曲

Juicy

Big Poppa

Notorious B.I.G.

Hypnotize feat. Pam Long

Sky’s The Limit

Mo Money Mo Problems

One More Chance

Warning

ノトーリアス B.I.G.のおすすめライブ動画

Live at MTV Spring Break 1995

Unknown Live

ノトーリアス B.I.G.のアルバム・ディスコグラフィ

  • Ready To Die (1994年)
  • Life After Death (1997年)
  • Born Again (1999年)
  • Duets: The Final Chapter(2005年)
  • Greatest Hits(2007年)

ノトーリアス B.I.G.の歌詞・和訳

  • 準備中

ノトーリアス B.I.G.の関連記事

関連記事

  • なし

ヒップホップ・ミュージックのアーティストに戻る

ヒップホップのトップに戻る

ヒップホップの教科書

ヒップホップ(HIPHOP)の教科書

2021年4月6日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です