ヒップホップ用語:バッド・ボーイ・エンターテインメントとは

sponcered by







バッド・ボーイ・エンターテインメントとは

バッド・ボーイ・エンターテインメントとは、1993年にショーン・パフィ・コムズが設立したヒップホップ音楽レーベルです。

ノトーリアスB.I.G.(ビギー)のアルバム『Ready To Die』が数百万枚のセールスを記録したことで、イーストコーストを代表するヒップホップのレーベルとなりますが、当時ウェストコーストを代表するレーベルであったデス・ロウのシュグ・ナイトは、その躍進を気に入らず、たびたびバッド・ボーイ・エンターテインメントを批判していました。

やがて、バッド・ボーイ・エンターテインメントとデス・ロウは、それぞれの看板アーティストであるビギーと2パックを中心としてビーフ状態になりました。これは東西抗争と呼ばれています。

ショーン・コムズは、こうした争いを回避しようと動き、所属アーティストに対してアンサーソングを出さないよう求めましたが、抗争の激化を止めることは出来ず、結果、2パックとビギーがどちらも命を失うという不幸な結末が訪れました。

ビギーの死後は、ショーン・コムズ自身がヒットソングを出したり、メイスというラッパーがヒットしましたが、やがては勢いを失っていきました。

written by @raq_reezy

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

  • なし

関連用語

関連アーティスト

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by