ヒップホップ用語:ソウルとは

sponcered by







ソウルとは

ソウルとは、ブルースやゴスペルをもとにしたアメリカの黒人音楽です。

ヒップホップの影響を受けたビートにR&Bやソウル風の歌を乗せたものは、ヒップホップ・ソウルと呼ばれます。ヒップホップ・ソウルのアーティストとしては、メアリー・J・ブライジなどが有名です。

また、ヒップホップにおいては、ヒップホップを体現するような魂を持っているかといった意味でソウルという言葉が使われることもあります。「ソウルがある」、「ソウルが足りない」、「ソウルを売ってしまった(=セルアウト)」といった使われ方をします。

2010年代後半には、ゴスペルやソウルの影響を受けたカニエ・ウェストやチャンス・ザ・ラッパーなどが、ゴスペル・ヒップホップ的なサウンドや作品を生み出しています。

written by @raq_reezy

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップとは?4大要素と4つの精神を解説

ヒップホップ文化とは?4大要素と4つの精神を解説

2021年3月6日
ヒップホップの歴史

ヒップホップの歴史をわかりやすく解説。おすすめの本や映画も紹介。

2021年4月6日

関連用語

関連アーティスト

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by