ヒップホップ用語:ターンテーブルとは

sponcered by







ターンテーブルとは

ターンテーブルとは、レコードを再生する機器であり、DJプレイ用途に特化されたものです。

通常のレコードプレイヤーは、例えばスクラッチをすると故障する可能性がありますし、ピッチの変更などはできません。ターンテーブルは、ピッチの変更ができたり、スクラッチをしても故障しなかったりと、DJで用いるのに最適な機器となっています。

ヒップホップは、ターンテーブルを2台使って、曲のブレイクの部分を永遠に流し続けたブレイクビーツにあわせて、ダンスをしたり、MCラップをしたことがきっかけで生まれました。特に、グランドマスター・フラッシュはターンテーブルをまるで楽器のように扱うことで、DJの音楽性を高めました。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップ・ミュージックとは

ヒップホップ・ミュージックとは

2021年2月7日

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • グランドマスター・フラッシュ
  • クールハーク
  • アフリカン・バンバータ

関連用語

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by