日本庭園用語:眺望景観創生条例とは

日本庭園の用語集

sponcered by







眺望景観創生条例とは

眺望景観創生条例とは、眺望や景観を守るために定められた京都の条例です。こちらで読めます。

通りの眺め、水辺の眺めなど、いくつもの基準集がありますが、その中に「庭園からの眺め」も定められています。

庭園からの眺めにおいては、庭園と借景との間に高層ビルなどが建つことで、庭園からの美しい眺望が失われないよう、基準が決められています。例えば、円通寺の御幸御殿から比叡山の方角を見たときの景色を、眺望空間保全区域、近景デザイン保全区域、遠景デザイン保全区域と分けて、それぞれの基準が定められています。

関連記事

  • 準備中

関連用語

関連日本庭園

  • 円通寺

関連参考書籍

本記事を書くにあたり、以下の書籍を参考にしています。日本庭園の種類や歴史、構成要素について、初心者にもわかりやすく解説されています。

日本庭園の用語集に戻る

日本庭園の用語集

日本庭園の用語集

2021年8月17日

日本庭園のトップに戻る

日本庭園ガイド

日本庭園ガイド

2021年8月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です