日本庭園用語:常磐木(常緑樹)とは

日本庭園の用語集

sponcered by







常盤木(常緑樹)とは

常盤木とは、松などの常緑樹を指します。年中、葉が繁っている常盤木は、生命力や長寿の象徴でもあります。

常盤木と落葉樹はバランスよく配植する必要があります。例えば、秋には紅葉する落葉樹が美しいですが、全て落葉樹だと冬には寂しい景色となってしまいます。

また、近景中景遠景などで差異をつくるために、近景や中景には常盤木を、遠景には落葉樹を植えるといった配植が行われる場合もあります。

また、常緑樹は生垣などにも用いられます。

関連記事

  • 準備中

関連日本庭園

  •  準備中

関連参考書籍

本記事を書くにあたり、以下の書籍を参考にしています。日本庭園の種類や歴史、構成要素について、初心者にもわかりやすく解説されています。

日本庭園の用語集に戻る

日本庭園の用語集

日本庭園の用語集

2021年8月17日

日本庭園のトップに戻る

日本庭園ガイド

日本庭園ガイド

2021年8月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です