ヒップホップ用語:フリースタイルとは

sponcered by







フリースタイルとは

フリースタイルとは、その場の即興でラップを披露することです。トップ・オブ・ザ・ヘッドと言うこともあります。

順番にフリースタイルを回していく遊びをサイファーといいます。また、フリースタイルでお互いをディスしあう競技をフリースタイルバトルといいます。また、フリースタイルでは、「即興で韻が踏める」というのがひとつのスキルの見せ所となるため、曲よりもライミングのウェイトが大きくなる傾向があります。

元々、フリースタイルのバトルは自分の名前を売る機会でもあり、エミネムなどはフリースタイルバトル出身のアーティストとして知られています。また、ラッパーの起源が、DJが掛ける音楽にあわせて、即興で喋ってパーティーを盛り上げるMCであったことを考えると、フリースタイルこそがラップの起源だと考えることもできます。

日本では、元々フリースタイルのバトルが盛んであり、高校生ラップ選手権やフリースタイル・ダンジョンといった番組の影響もあって、お茶の間にも広がっています。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップ・ミュージックのラップとは

ヒップホップの歌唱表現「ラップ」とは。韻やフロウも解説。

2021年4月8日

関連用語

関連アーティスト

関連動画・関連楽曲

関連商品・書籍

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by